消費者金融審査

どんなときにキャッシングを利用するか

インターネットや自動契約機を通じて気軽に申し込みができ、ATMで簡単に借り入れができるキャッシングは、急にお金に困ったときに便利です。定職につき安定収入があれば、基本的に審査が通るので借りやすいというのも魅力です。

もっとも、お金を借りるということに対しては、抵抗がある方も少なくありません。そのためか、他の人がどのような活用をしているのか、気になるところです。便利な活用方法を知れば、安心してキャッシングを申し込むことができるでしょう。

利用限度額いっぱいにまとまったお金を一度に借りる人もいれば、その都度、必要な現金を少額ずつ借り入れする人もいます。利用限度額の範囲内で、いくらでも何回でも借りられるのは大きなメリットです。

たとえば、海外旅行や国内旅行をする旅行代金の支払いにあてたり、高額のショッピングや資格スクールやブライダル費用の支払いに利用するケースがあります。クレジットカード払いも考えられますが、クレジットカードを持っていない方や、支払い手段が現金のみというケースは助かります。

特に葬祭費用は現金のみの業者が多いため、突然起こる家族の葬儀などには助かるのです。一方、小口では飲み会の代金や帰省のための交通費などの活用方法があります。

キャッシングの返済の仕組み

キャッシングによるお金の借り方は、とても便利な仕組みとなっています。申し込みをすると信用状況の審査が行われます。その結果により、利用者ごとの返済能力に応じて利用限度額が設定されます。利用者はその利用限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れができます。

一方で、返済をすると再び利用限度額の枠が増え、また借り入れが可能になる仕組みです。返済は月ごとに決められた約定日に支払います。もっとも、借り入れは何度でも自由にできるため、月ごとにいくら借りたかは毎月異なることになります。

また、ある月に借りた額が大きいからといって、翌月の支払額が大きくなると返済に困ることもあるでしょう。そこで、キャッシングの返済の仕組みは、一般的にリボ払いが採用されています。

リボ払いの仕組みも実はたくさんのパターンがあり、一律ではありません。そのため、業者ごとに採用する仕組みは異なっています。基本的な仕組みとしては、毎月の支払額が大きくならないよう、一定時点で残高を確定し、その残高に応じた最低支払額を返済するようになっています。

たとえば、10000円未満の借入なら1000円とか、30000円以上40000円未満なら4000円といった形が取られます。